日記をつけることは睡眠の質にも関係していた?

 


皆様は『日記』を今もつけてらっしゃいますでしょうか?

多くの方が義務教育の過程で日記を書く習慣や
宿題があったかと思われます。

私は
1日の終わり、ベットに入る前に
今日あった出来事、感じたこと、
モヤモヤしている感情全てノートに書き出す事

によって入眠が良くなり、睡眠の質が上がった

と感じる体験があり、日記の大事さを再認識し
改めて日記を書く事を最近始めました。

日記を書くことによってなぜ睡眠の質が上がるのか?

小学生の頃、私は
祖母の家に泊まりに行った際
祖母は毎日寝る前ノートに何かを書いていました。

当時の私は気になり
『何書いてるの?』と聞くと

祖母は『日記だよ。今日あった出来事を書いているんだよ。』

何故毎日日記を書くのか不思議に思った私は
当時の会話を鮮明に覚えています。

祖母は年齢を感じさせない程
若々しく、パワフルで
今現在も変わらず元気です。

その祖母が習慣にしている事

『日記』

 

日記はその日あった出来事を記録するだけでなく
内面的な感情を書き出せる事で気持ちがスッキリし
1日のしっかりとした区切りをつけられる事で
入眠の質の向上にも関与することに気付きました。

日々のストレスや控えているイベントへのプレッシャーなどで布団に入ってもそういったモヤモヤがありしばらく経っても眠れない。
ということはどなたも経験したことあるはず。

けれどそのモヤモヤや負の思考を
ノートに書き、吐き出すことでもストレスが緩和されてリフレッシュできる事ができます。

眠れずに焦る心配も軽減されるわけです。

 

また日記といえば
ダイエット、トレーニングでも
非常に有効的です。

トレーニングはどういった種目を
どれくらいの重さと回数をやったか記録する事。

その記録を伸ばす事が機能的にも筋成長的にも
大事になって来ます。

是非、自宅でトレーニングされる際は
例えば腹筋をやる時などは
回数を記録して、その記録を次回やる時は

多く回数をこなす。
若しくは
一つ一つの動作を丁寧にし、前回よりも長く動作をする事。

など記録をしながら行ってみてください!

 

毎月3名様限定!

Aidでは一人一人に
成果を出していただくために

常時、会員様を30名
限定させていただいております。

そのため、毎月のご新規生徒さんは
3名様とさせていただきます。

キャンセル待ちの方には
大変ご不便をお掛けしますが
ご了承ください。

ご興味がある方は
必ず体験(90分6,600円)を
受けていただきます。

※3名様が埋まり次第
募集を終了いたします

 メールでのお問い合わせはこちら初回体験&カウンセリングを
お申込みされる方は
こちらからお願いいたします。

 

 

関連記事

  1. 歳をとると時の流れが早いのは、、、

  2. 結論、筋トレをしようっていうお話

  3. コンテストに向けての本格減量始まりました~矢内の日常~

  4. ビールは太るというが焼酎やハイボールは太らないのか?

  5. 出勤前にトレーニングすると仕事が捗る?

  6. お酒飲む前にすべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。