筋トレとボディメイクの本質が変わります。

 

筋トレ(ウェイトトレーニング)は
ダンベルやバーベルの重さを挙げる

と思われる方が多いかもしれません。

果たしてそうなのでしょうか?

 

勿論
答えはそれぞれ違うと思いますが

『ダンベルや重さを挙げる』
ではなく
『筋運動に重さを加える』

という考えの方が
私は強いです。

 

『筋の繊維、方向に沿って
重さを加え運動していく』

『筋を使って重さを挙げていく』

ではまるで意味合いが異なります。

本来、ボディメイクは
適所に筋肉を付け
理想とする身体になる

事が本質だと思っております。

 

筋を付けるには
対象とする筋を一度損傷させ
適当な栄養を摂ることで
回復し、成長していきます。

 

どうしてもウェイトトレーニングは
重さ、重量を扱いますので
重さを挙げることに専念しやすいですが

筋の動きに重さを乗せ
反復運動をするという
考えの元、
トレーニングを行うと

運動の仕方が変わり
身体の成長が
良くなるでしょう。

関連記事

  1. 痩せる筋トレ・痩せるストレッチについて

  2. ダイエット中のお寿司って結局どうなの?

  3. 最初の3ヶ月はボーナスタイム

  4. 痩せるためには「足し算より引き算」

  5. 「継続」にはやる気以外に〇〇が必要

  6. 習慣は良くも悪くも怖いぐらいの変化をもたらす

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。