『時間栄養学』食べる時間によってダイエットの効果が激変する!?

 

最近では朝ごはんを抜く方は
少なくなってきましたが

まだまだ朝ごはんを抜いて
いらっしゃる方を多い印象です。

大体朝食を抜く方は
夜ごはんにいっぱい召し上がります。

 

①朝食たっぷり⇒夜軽め
②朝軽め⇒夜たっぷり

①か②でしたら
どちらの方が太りやすいと思いますか?

 

答えは

と答える方が多いかと思います。

 

何故、①の方が痩せやすいかと
言いますと

『体内時計』
が関係しています。

朝の日光を
浴びることによって
体内では『セロトニン』
と言われる幸せホルモンが分泌されたり

『ビタミンD』も生産されます。

それだけだけではなく
朝食を摂ることによって
一日のエネルギーが補填されます。

我々のほとんどは昼間に
働き、活発に動き
夜に眠ります。

夜に多く食べても
後は眠るだけなので
不必要なエネルギーとなります。

 

又、夜間勤務や海外出張など
一定のリズムで生活しない方も多く
いますが、この時間栄養学を
利用し最適なタイミングで食事を
することもよって体内時計のズレを
抑え、健康を維持することが可能になってきます。

 

関連記事

  1. 女性に多いのは何故?骨粗鬆症

  2. 夏を理想のボディで向かえたい方、今からやらないと『正直』キツいです。

  3. 1ヶ月に落とすべき体重幅とは?

  4. ビールは太るというが焼酎やハイボールは太らないのか?

  5. リバウンドしない為に大事な事

  6. 糖質の摂りすぎでシワやシミができやすい? 糖化反応と防止策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。