トレーニングの上手さ=理想の体を作る近道

筋トレ、トレーニングをすると
変なところに筋肉がついちゃう

こんなセリフをよく耳にすることがあります。

それはつまり
つけたいところに筋肉をつけられない
トレーニングが上手ではないという事と
類似します。

トレーニングが上手だと
つけたいところに筋肉がつけられます。

ウエストを太くせずに腹筋の縦筋
前ももを太くせずに足のメリハリをつける。

背中の筋、二の腕のメリハリ
などつけたいところに筋肉をつけることができます。

またトレーニングの上手さに弊害が出るのが
体の硬さです。

特に僧帽筋上部は固まりやすく
ここが固まることによって
トレーニングの動きを邪魔します。

これはトレーニングだけではない

酷い場合は呼吸から、立っている時でも、歩行時でも、
事務仕事中、パソコン、料理中、食事中、
はたまたトイレでもでしゃばってくる事がある。

個人差はあるが、ご年配になればなる程その傾向が強い。

さまざまな要因で筋肉は硬くなってくる。
食事、呼吸、入浴、ストレッチ、ストレス
運動強度、体の歪み、重心、靴、緊張など

そういった根本的な体のダイエットを
AIDではお手伝いいたします。

あなたのお身体のお悩みを
お聞かせください。

体験カウンセリング・トレーニングを
ご希望の方は友だち追加後
『体験希望』とメッセージ下さい。

 

関連記事

  1. 炭水化物は何故主食として使われるのか知っていますか?

  2. 『ダイエット経験者でも騙される』栄養成分表の見方合ってますか?

  3. 『常識が非常識?』すごく身近な○○を摂りすぎると骨が溶けやすい…

  4. ビールは太るというが焼酎やハイボールは太らないのか?

  5. 皆さまは『ダイエット』とどう向き合っていますか?

  6. 肌荒れ解決~この方法試してみて!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。