【最近痩せにくい】ストレスとダイエットの関係性

 

ストレスと体重変動は
密接に関わって来ます。

その関係は非常に複雑で多面的で
以下はその主な要点になります。

 

ストレスによる食欲変動

ストレスは食欲に影響を与えることがあり、
一部の人はストレスによって過食傾向にある一方、
他の人は食欲を失うことがあります。

ストレスホルモン:
ストレス時には、体内でストレスホルモン
であるコルチゾールが増加します。
これは食欲を刺激することがあり、
特に高カロリーの食べ物を求めることがあります。

ストレスによる運動不足

ストレスが慢性的である場合、
運動不足の傾向が生じることがあります。
これは体重管理に悪影響を及ぼす可能性があります。

ストレス食品

一部の人は、
ストレス時に特定の食べ物
(通常は高脂肪や高糖分のもの)
を好む傾向があり、
これが体重増加につながることがあります。

心理的な面

ストレスは心理的な側面にも影響を及ぼします。
ストレスが高まると、
情緒的な食事の選択に変化が生じ、
不健康な食事習慣につながることがあります。

 

まとめ

ダイエットとストレスの関係に対処するために、
ストレス管理の方法が役立つことがあります。

リラクゼーション、適切な睡眠、運動、
心理療法などがストレスの軽減に役立ち、
健康的な食事習慣を維持するのに役立つことがあります。

 

メールでのお問い合わせはこちら公式LINEからも
簡単にお問い合わせが出来ます。

 

関連記事

  1. じっとしていても脂肪を燃やせる体とは?

  2. 意識高いけど『それ』太るかも? vol.1

  3. 減量中でもこんなもの食べれるの?①

  4. トレーニングの上手さ=理想の体を作る近道

  5. 糖質制限ダイエットって良いの?悪いの?

  6. 『常識が非常識?』すごく身近な○○を摂りすぎると骨が溶けやすい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。