ジョギングばかりのダイエットは『痩せないカラダ』を作る

 

食べ物を食べるとそれを消化
エネルギー化したりするのも
カロリーが使われるという事実は知っていますか?

※例500kcal

 

上記の和食が合計500kcalだとして
500kcalを摂取したからといって
全部が吸収されるわけではない

ということです。

 

そして食べるとカラダが熱を発します。
これが体温です。

 

 

食べ物を食べる事以外に
熱を出す行為は

運動してる時と(非ふるえ熱産生)
寒くて震えてる時(熱産生)

です。

 

有酸素運動をすると
エネルギーを効率的に使おうとスイッチが入ります。

そうするとエネルギーを作る時の
無駄をカラダが省こうとします。

エネルギーを効率的に作られる
=無駄を最小限減らそうとして
燃費が良くなる。

=痩せにくくなる。

つまり有酸素運動をやりすぎると
痩せにくいカラダになる
と言うことになります。

 

それと
寒い時に筋肉が震えて
熱を作ります。

それはエネルギーを作る時の無駄ですよね

つまり寒い冬の時期の方が
基礎代謝が高くなります。

冬のほうがダイエットに
向いてるかもしれませんね

あなたのお身体のお悩み
お聞かせください。
無料カウンセリング
実施中!

 

関連記事

  1. 断食すると太りやすい身体になる

  2. 肌荒れ解決~この方法試してみて!

  3. 脂肪を溜め込む一番のきっかけは?

  4. ウエストサイズについて

  5. 摂るだけで脂肪が燃焼するサプリはありますか?

  6. リバウンドしない為に大事な事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。