ダイエット以前の『食』への有難み

 

『減量』『ダイエット』

もしくは『増量』時によく

現在の食生活に飽きたり、満足できず
『食』そのものへの感謝を忘れそうになること
何度かあるのではないでしょうか?

お腹がいっぱいで残して捨ててしまったり
好き嫌いで残し捨ててしまったり

多くの方がきっと経験あると思います。

世界人口約70億人のうち
約8億人以上の方が
満足な食事を摂れずにいるといいます。

又日本では年間500~800万トンの
食べ物が捨てられてるといいます。

こうしてる今でも
世界では自己抑制とは関わらず食事を摂れず
苦しい状況を余儀なくされてる方が
たくさんいらっしゃるのが現実です。

私自身も少しばかり
衣食住が満たされていない時がありましたが
過去の自分が捨てていた食材、
美味しくないからと言って捨ててきた料理を
心の底から欲し、後悔しました。

ようやく食べられたコンビニのおにぎりの味は
今でも忘れません。

ちなみに
『おにぎり』と『おむすび』の違いは

おむすびは三角形
おにぎりは形が決まってないもの

だそうです。

 

『食』への感謝
今一度噛みしめ

今から『鶏むね肉の親子丼』
を食べて
運動後の栄養摂取をします。

感謝を込めて

頂きます!

毎月3名様限定!

Aidでは一人一人に
成果を出していただくために

常時、会員様を30名
限定させていただいております。

そのため、毎月のご新規生徒さんは
3名様とさせていただきます。

キャンセル待ちの方には
大変ご不便をお掛けしますが
ご了承ください。

ご興味がある方は
必ず体験(90分6,600円)を
受けていただきます。

※3名様が埋まり次第
募集を終了いたします

 メールでのお問い合わせはこちら初回体験&カウンセリングを
お申込みされる方は
こちらからお願いいたします。

 

関連記事

  1. 最初の3ヶ月はボーナスタイム

  2. 痩せるためには居心地の悪い環境を買う

  3. 「覚悟」なき人生に悔いなき人生なし

  4. パーソナルジムAid の思い①

  5. 目的と手段を履き違えない事!

  6. 痩せるためには「足し算より引き算」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。