糖質制限ダイエットって良いの?悪いの?

 

巷で話題になっている
糖質制限ダイエット

何故こんなにも
話題を生んでいるのか?

それは糖質制限ダイエットは
すぐに体重に反映されるからです。

即効性を感じられる事から
注目を浴びています。

 

一方、糖質は我々の身体で
エネルギーとしての役割があります。

その糖質を摂らないとは如何なものか
という意見もある。

 

実際、このダイエット法は良いのか?
悪いのか?

 

糖質制限ダイエットとは

 

そもそも糖質制限ダイエットとは
白米やパンなどの糖質の摂取量を
減らし、全体的なカロリーも下げるといった
ダイエット法です。

 

体重減少のメカニズム

糖質制限ダイエットを実施し
最初に数キロの体重減少が
見られることが多いです。

ですがこの体重減少は
実は脂肪よりも、水分が主です。

 

糖質の摂取量を減らすと
糖質の中のグリコーゲンという
貯蓄物が体内から減少します。

グリコーゲンは
3-4倍の水分と結合する為
グリコーゲンが減れば
体内の水分が減り
体重が減ります。

 

糖質制限ダイエットのメリット

 

糖質制限ダイエットのメリット
として挙げられるのが

『体重減少の即効性』
『浮腫みなどの解消』

糖質から得られるグリコーゲンは
3-4倍の水分と結合すると
上の分でご紹介しました。

糖質摂取量をへらせば
体内の水分量が減り
浮腫みなども解消できると言えます。

 

よって
近日中に大事なイベントがあり
すっくりした顔つきでいたい。

などがあれば
一時的に糖質制限ダイエットは
有効と言えます。

 

 

糖質制限ダイエットのデメリット

 

デメリットは
リバウンドする確率が高い点です。

糖質摂取量が減ると
筋肉や肝臓に貯蔵されていた
糖を分解し、エネルギーとして
使用され始めます。

さらにその糖もなくなると
脂肪は燃焼されますが
筋肉そのものの分解を
優位になります

 

筋肉量が減ると
代謝が低下してしまいます。

そして
最大のデメリット
この糖質制限ダイエット
を中断し、元の食生活に戻した途端

水分が一気に体内に貯蓄し
浮腫み高確率で発生します。

又代謝が下がっていると仮定した場合
以前よりも太りやすい身体になっていることは
間違いありません。

 

短期的に行うとリスクを抑えられる
傾向がある

 

以上の内容をもとに
糖質制限ダイエットは
浮腫み解消などを目的とした際に
短期的に行うことが
リスクをぐっと抑えることが
できそうです。

是非参考になれば
幸いです。

 

毎月3名様限定!

 Personal Gym Aidでは一人一人に
成果を出していただくために

常時、会員様を30名
限定させていただいております。

そのため、毎月のご新規生徒さんは
3名様とさせていただきます。

キャンセル待ちの方には
大変ご不便をお掛けしますが
ご了承ください。

※3名様が埋まり次第
募集を終了いたします

 メールでのお問い合わせはこちら初回体験&カウンセリングを
お申込みされる方は
こちらからお願いいたします。

 

 

 

 

関連記事

  1. 断食すると太りやすい身体になる

  2. 小麦食品を控えるだけで疲労が取れるって本当??

  3. 炭水化物は何故主食として使われるのか知っていますか?

  4. 【ここで差がつく!?】古典的食事から学ぶダイエット

  5. ジョギングばかりのダイエットは『痩せないカラダ』を作る

  6. 夏よりも痩せ易い時期?秋から冬にかけてのダイエットのメリット紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。